セキレイの足音・1

「ボク」は おうちに帰るところでした。

お友だちの あのコと 「また明日」ってさよならして。


表のバス通りを 1本右にはいった ちょっと細めの 住宅街の道。

ぷらぷらと 歩くボクの ななめちょっと前に ふぁささっと

ちいさな鳥が舞い降りました。


頭が黒くて 羽は灰色。

尾っぽあたりは 白とか黒とかまじった模様があります。


その鳥は ててて ててて つつつー と

足音もたてずに すばやく歩いてゆきました。


ボクは その鳥の名前は知らなかったのですが

たぶん それは セキレイ という鳥。


ててて ててて つつつつー ててて

セキレイは とまったり 足早に歩いたり こきざみに 進んでゆきます。


なんだか 面白いな と ボクは思って

驚かせないように そっと セキレイの横にならんで

セキレイと おんなじ速さで

ててて ててて つつつー って 歩いてみました。


セキレイは ボクの気配に 気付いてるのかどうかは わかりませんが

べつだん 気にするふうでもなく また こきざみに

ててて つつつー

していきます。


だから ボクも ゆっくり ゆっくりと

セキレイと 並んで

ててて つつつー

してゆきました。





>>> セキレイの足音・2へ
 

猫の温泉・終


>>> 猫の温泉・1
>>> 猫の温泉・2
>>> 猫の温泉・3
>>> 猫の温泉・4
>>> 猫の温泉・5



ぴちょん。


水滴がおちる音で、まゆみさんは目をあけました。

温泉からでてきた さびねこが ぷるる とからだをふりました。

さびねこは ゆっくりと 森の方へとあるきはじめました。


(あ・・・)


と かけそうになった声を まゆみさんは のみこみました。

そのあと なにを言ったらいいのか わからなかったからです。


ふと さびねこはたちどまり ちらり とまゆみさんの方に視線をなげかけました。

声をださずに にゃ と口を動かしました。

そうして またゆっくりと 森のほうへとあるいてゆきます。


まゆみさんは 手をふりました。

緑のかげにきえてゆく さびねこに 手をふりました。

その姿がみえなくなり かすかに 枯草をふむ足音が聞こえなくなっても

まゆみさんは たくさんたくさん 手をふりました。

心のなかで くりかえし つぶやきながら。


大好きだよ。ずっとずっと。大好きだよ。


と。





<猫の温泉・おわり>